環境方針

「きれいを守る」


環境方針

当社の環境方針を以下に示す。

「きれいを守る」

株式会社公生社は、美しい環境を守るという責任を自覚し、持続可能な循環型社会を形成するため事業活動として環境保全への取り組みを推進します。

当社は、創業以来50年間に渡り一貫して廃棄物の処理を業務とし、一般廃棄物、産業廃棄物の収集運搬・処分や浄化槽の保守点検清掃、処理施設の維持管理及びそれらに関連する事業活動を通じ、地域の環境負荷の低減に貢献するするための環境マネジメントシステムを運用します。

  1. 環境に関する法律、規則及び当社が同意した協定を遵守し、かつ環境負荷の低減に努める。
  2. 委託された廃棄物処理や浄化槽管理・清掃業を適正かつ安全に行う。
  3. 経済性と現実性を兼ね備えたリサイクル処理を構築する。
  4. 廃棄物の循環型リサイクル及び減量化を推進する。
  5. 車両運行については通常のほか緊急時における対応や、大気汚染の未然防止措置を講ずる。
  6. システムの機能を維持るため、全従業員に対し環境教育を実施し、意識や技術の向上に努め、環境目的・目標及び環境プログラムを定め、周知し、定期的な見直しを行い継続的改善を図る。
  7. 本方針は文書化し、全社員に周知徹底するとともに社外に公開する。

2003年11月1日

株式会社公生社
代表取締役 廣瀬 淳

▲ページの先頭へ