法定検査(11条検査)

法定検査
(11条検査)

子供たちのよりよい明日のために「いい水いつまでも」


法定検査

法定検査は、「7条検査」と「11条検査」の2種類があります。検査では、浄化槽が適正に設置、維持管理され、その機能が十分に発揮されているかどうか確認するために毎年1回「法定検査」を受けなければなりません。富山県では、知事の指定検査機関である「公益社団法人 富山県浄化槽協会」が実施しています。

「11条検査」(毎年一回の定期検査)

11条検査は、毎年1回受けていただく検査です。検査では、主に保守点検や清掃の維持管理状況、使用の状況を確認し、水質検査ではBODを測定します。

富山県の11条検査は検査員検査と採水員検査の2種類で実施しています。

検査依頼書はこちら

検査員検査
全ての浄化槽を対象としています。
採水員検査
10人槽以下の浄化槽が対象です。主に家庭用浄化槽で実施しています。
浄化槽法 (抜粋)

(定期検査)

第十一条

 浄化槽管理者は、環境省令で定めるところにより、毎年一回(環境省令で定める浄化槽については、環境省令で定める回数)、指定検査機関の行う水質に関する検査を受けなければならない。

検査手数料
10人以下 11人以上~
20人以下
21人以上~
100人以下
101人以上~
300人以下
301人以上~
500人以下
501人以上~
2000人以下
2001人以上
6,000円 7,000円 8,000円 11,000円 13,000円 16,000円 20,000円

罰則

浄化槽法では、正当な理由がなく検査の受検を拒否した浄化槽管理者に対して、指導及び助言、勧告・命令等の罰則規定があります。

県知事からの命令に正当な理由がなく従わない場合は、30万円以下の過料が科せられます。 (H18.2月改正により新たに罰則規定が設けられました。)

法令関係


▲ページの先頭へ