浄化槽の種類


浄化槽の種類

浄化槽の種類・使用方法について

浄化槽には大きく分けて [合併処理浄化槽] と[単独処理浄化槽]があります。しかし、浄化槽法の改正により平成13年4月から原則として[単独処理浄化槽]の新たな設置が禁止され、[合併処理浄化槽]の設置が義務付けられ、これからの水環境の保全に大きな役割を果たすと思われます。


合併処理浄化槽

水洗トイレの排水と併せて、台所・浴室・洗濯などの排水(生活廃水)を処理する浄化槽。

  • 嫌気ろ床接触ばっ気方式
  • 接触ばっ気方式
  • 長時間ばっ気方式
  • 回転板ばっ気方式 etc.
単独処理浄化槽

水洗トイレの排水だけを処理する浄化槽

  • 全ばっ気方式
  • 分離接触ばっ気方式
  • 分離ばっ気方式
  • 散水ろ過方式 etc.

※法改正により、現在は単独処理浄化槽の新規設置は出来ません。

浄化槽の正しい使用法
  1. 水に溶けないものは流さない。
  2. 廃食油はすてない。
  3. 浄化槽の上に重たいものはのせない。
  4. 消毒薬は切らさない。
  5. ブロアの電源は切らない。
  6. 通気口はふさがない。

上記のことに気を付けて使用しない場合、浄化槽の性能を充分に生かせない場合や、故障の原因となります。

▲ページの先頭へ