浄化槽・貯水槽

子供たちのよりよい明日のために「いい水いつまでも」


浄化槽

浄化槽は、し尿と併せて雑排水を処理し、下水道以外に放流するための設備又は施設であり、河川、湖沼、海域等の公共用水域の水質汚濁防止に大きく寄与するものとされています。

かつては、公共下水道が導入されるまでの間、便所を水洗化するための暫定施設と認識されがちでしたが、近年では比較的安値で短い工期で設置でき下水道と同等の放流水質まで浄化槽の処理機能が向上しており、今後は下水道と並ぶ恒久施設として、その役割は益々大きくなっております。


貯水槽

ビル・マンション・アパート等の飲料水は、配水管から送られてきた水道水を一旦貯水槽に貯水した後、揚水ポンプでさらに高架水槽へ汲み上げる等して、各水道まで水を供給します。

このような貯水槽や高架水槽を使用した施設は、衛生管理が不十分であると、水が汚染される可能性が有ります。安全な水道水の確保には、定期的な清掃消毒作業や、水質検査等、適正な衛生管理が必要です。

定期的な清掃作業や衛生管理等を怠ると、虫やねずみ等の異物混、水質の変化などが発生して事故が起こる可能性があります。

当社では貯水槽の貯水槽清掃監督者をおき、貯水槽の適切な維持管理、清掃を行っており数多くのお客様より永くご愛顧頂いております。


▲ページの先頭へ